体調の変化で化粧品成分のアレルギー反応が現れやすくなった可能性も

これまで化粧品成分のアレルギーを持っていたにも関わらず、その現れ方がごく僅かだったため、自分では気づいていなかったケースということも考えられます。

年齢による体質の変化や、体調が優れず、免疫力が下がっていたことがキッカケとなり、アレルギー反応が強く出てしまうという方もいるからです。

これをハッキリさせるためには、アレルギー治療を得意とする皮膚科へ行って、成分テストを受けられることをおすすめします。現在お使いの化粧品を持っていけば、パッチテストやスクラッチテストで、反応を確かめることが可能です。

アレルギー成分テストは、事前に予約が必要なケースが多く、また設備が整っていない場合もあります。また、病院により検査項目に差がありますので、まずは最寄りの皮膚科に予めお問い合わせした上で、受けられることをおすすめします。(場合によっては、保険適用外になるケースもあります。こちらも併せてご確認ください。)

アレルギー反応が出やすい化粧品成分

  • タール色素
  • 香料
  • 防腐剤
  • 鉱物油
  • 紫外線吸収剤

このページの先頭へ