秋のスキンケアは化粧水選びが勝負の分かれ目!

朝晩冷え込んでくる時期は肌にも大きなストレスがかかっています。

特に秋は、紫外線もまだまだ強く、その上、空気は乾燥してくるため、お肌には過酷なシーズンです。
保湿ケアといえば、真っ先に乳液やクリームなど、油分を補うアイテムを思い浮かべがちですが、まずはしっかりと化粧水で潤いを与えることが非常に重要です。

角質層の隙間に十分な水分を与えることで、その後のケアがよりお肌の奥の奥まで染み渡ってくれるからです。

秋の化粧水選びは、とろみタイプがおすすめ

秋におすすめの化粧水は、さらさらとしたテクスチャーのものよりも、とろみが感じられるタイプがおすすめです。お肌の内部に留まり、じっくりじっくり潤いを与えてくれるため、より長く保湿効果が続くと言われています。

また、ブタクサなど秋花粉も飛んでいる時期なので、デリケートなお肌の方には、より優しい処方の化粧水を選ぶことをおすすめします。

秋はセラミドが含まれている化粧水が◎

お肌に有効な成分の代表格がセラミドです。角質層の隙間を埋めるクッションの役割を担うため、ふっくらお肌が長く続きます。また、隙間を埋めることで、外部刺激からをしっかりと守るため、秋花粉によるダメージや乾燥によるヒリヒリも予防することが期待できます。季節に応じた化粧水を選んで、健やかなお肌をキープしてくださいね。

このページの先頭へ