紫外線を浴びた時の肌荒れ

お肌が敏感な方は必然的に紫外線によるダメージも受けやすい傾向があります。
すでに肌が荒れてしまっている場合は、敏感肌用の化粧品に切り替えて、
刺激となるものから、避けるようにしましょう。

肌荒れ時はホワイトニング化粧品を使うと乾燥を引き起こす場合もありますので、お休みした方が良いです。不足している水分・油分を補うセラミド配合のものを選ぶなど、今の状態にあった化粧品を選んでくださいね。

春〜夏に起きる肌荒れ

特に日差しの強い春〜夏にかけては、肌荒れや赤みを感じる事が多く、
また、そのことによってシミ・そばかすへと発展してしまうケースもあります。

たとえ、近所のコンビニに買い物へ行くだけでも、日差しからのダメージを受けてしまいますので、朝のお手入れには必ず日焼け止めを塗るステップまでをセットにしましょう。

日焼け止めは顔だけでなく、うなじ・耳の後ろ・デコルテ部分にも必ず伸ばしてくださいね。
自転車を使う方の場合は、手の甲に塗ることもおすすめします。
手は年齢が出やすい部分ですので、油断は禁物です。

毎日のお手入れにUVケアを必ず取り入れ、「肌荒れ予防」を実践してみてくださいね。

このページの先頭へ